西田利の日記

チャイパブは、右の「チャイパブの灯だ」、記事の内容で「xx年xx月xx日の日記」、先頭行のリンクだよ。PCで見てね。

東京観光


 ビン缶PETを出す。



 今日は観光最終日のため11時に来いと言われている。



 千葉中央公園。



 葭川公園駅のあたり。


 昼飯は東京で摂ろうと存ずる。



 各駅停車でお茶の水で降りる。千葉から座って行けるので楽ちんだ。



 初めてお茶の水を歩く。さだまさしが学生だらけの街と歌ったのはこんな感じだろう。





 漢陽楼に到着。



 周恩来が東京留学の頃よく来た店だという事になっている。


 店に入るとカタコトのおばさんが給仕をしている。ところがこの人は中国語が全く分からないらしい。テーブルの1枚紙のメニューを見ても目的の清燉獅子頭が載っていない。メニューをくださいと言うと、夜のメニューですか? 夜のメニューは高いですよ、と見当違いのことを言う。あとで、あなたはどこの国ですかと聞くと、どこだと思いますかと逆に聞かれた。ベトナムとか・・・タイとか・・・と言うと、そんなところですと言う。Y君は韓国かなと言う。そうかもしれない。厨房はみな日本人のようだ。この店は周恩来留学当時とは場所も移って当然建物も違う。



 周恩来が愛したという事になっている清燉獅子頭をいただく。



 そしてY君は肉絲湯麺。私は広東湯麺。



 店内には周恩来に関係する展示がいくつか。







 肉絲麺と広東麺が登場。



 清燉獅子頭




 もうちょっと感じさせてくれる何かがあるかと期待してきたが、周恩来が来たことを売りにしている日本人の中華料理屋と言う以外何もない。この店に文句を言ってもはじまらない。google地図で周恩来ゆかりの場所を検索してもここしか出てこないんだから。孫文魯迅もこの店に来たことがある。もちろん場所も建物も違う。昼食が1000円以上かかる店だから平成の19歳の周恩来はこんなところで飯を食わないだろう。安くないからすいているというメリットはある。気になっていたから来てみてよかったな。



 外に出ると小雨が降っている。傘を差しながら歩いて荷物を探ると財布が無い。店に戻るとレジの前に私が置き忘れたまま置いてあった。



 狐の嫁入り



 お茶の水から漢陽楼に来たが今度は神保町から白山に行く。







 目的地は白山神社孫文先生座石。





 亡命してこの近所の宮崎滔天の家に住んでいた孫文がこの石段に座って宮崎滔天と語りながらハレーすい星を見て、革命が成就する兆しだろうと言ったというその石らしい。孫文を中国で有名にしたのは宮崎滔天の著作だということもこれを書いている今検索して知った。






 白山から春日乗り換えで上野御徒町に向かう。



 Y君に、これがアメ横だよ、平日だから人が少ないんだよと案内する。






 ところが歩き回るうちにアメ横と見たことがあるアーチの混雑した道を発見した。Y君に、さっきのはアメ横じゃないよ、これがアメ横だよ、人が多いだろうと説明する。





 アメ横はけっこうおもしろいということを発見した。私に関係があるものは少ないが、見物するにはおもしろい。





 サンザシを5袋買う。中国のおばさんたちが大好きだから。




 暑いのでチョコレートスムージとやらをいただく。Y君におごってもらってしまった。




 Y君はあいかわらず靴とサッカーのシャツと時計とがちゃがちゃにしか興味を示さないが友達の注文だと言ってドラえもんの何かを買っていた。



 アメ横観光終わり。上野公園に向かう。



 鹿児島県人会。





 動物園や不忍の池を見ようとは思わない。ただ有名な上野公園にも行ったよと言えればそれでいい。桜の時期なら話は別だろう。



 上野駅から秋葉原に向かう。



 水筒とkindleを見たいと言われている。実は今日のお題は水筒とkindleだけだった。


 kindleとは昨夜言われて何のことか知らなかったがamazon電子書籍閲覧器だそうだ。パソコンも携帯もあるのにこんなものを欲しがるとは私は感心しないが本来ネットで売るもので秋葉原の店頭にあるのはビックカメラソフマップ本店とエディオンだと調べて来てある。


 ビックカメラで聞くと扱っていませんと言う。ソフマップ本店のパソコン部分を引き継いだソフマップパソコン総合館で聞くと、本館時代は扱っていたがパソコン総合館になって扱いが無くなったという。エディオンで聞くと、amazonの売り方が変わって店頭では扱わなくなったという、欲しかった結論が聞けた。じゃあ中国でネットで買うとY君は言う。


 ヨドバシで小さい水筒を買う。こんなものを中国から買いに来る意味があるだろうか。私も以前検討したが、1kg近い水筒を毎日家から運搬する労働と、150円で現地で買うバラエティのあるPETボトル飲料を比較してPETボトル飲料を選んだ経験がある。熱中症対策には1リットル以上消費するんだ。水筒だったら家を出る時に2kgになって、空になってもまだ重さがあって家まで運搬しなきゃならない。田んぼや野山や砂漠で働くならまた考えるだろう。


 Y君はヘッドフォンが欲しいという。ビックカメラでも見たがヨドバシで買った。中国では高いとY君はいう。そんなことがあるだろうか。中国で安いのは偽物だとY君は言う。偽物ってなんだよ、と聞くとよくわからない。日本で売っているのはみな中国製だ。偽物って中国製って意味じゃないの? まあ金持ちのおばさんの金でY君が買う分には反対する理由が無い。



 これはヘッドフォンの購入カードだ。このカードを持ってレジに行く。色は何種類かある。グレイ・ライム完了、と書いてある。完了とは何か? 無し、というならわかる。終了でもわかるだろう。準備完了なのか、入荷完了なのか。レジで聞くと販売が完了したという意味だという。販売完了とは何か? 電気屋の店員に日本語を相談してもはじまらない。プラント工事の監督なら禁止の表現だ。「ここからアースを取ってください」と指示してはならないと教育される。



 秋葉原の任務完了。


 各駅停車で千葉まで帰宅。千葉駅前で別れてタクシーで帰宅。



 隣のファミリーマートいろはす炭酸水ぶどう。これがファンタグレープじゃないというのはファンタは原料にブドウを使わないという歴史とプライドがある点か。


 今日の写真をCDに焼くため、パソコンと外付けDVD-Rドライブを持ってタクシーで18時半に富士見二丁目へ。千葉のタクシーで近距離に乗るとメーターが動かず作り置きのレシートを渡されることが多い。みなさんいろいろがんばってる。ただしさっき千葉駅から家まで乗ったタクシーはメーターが動いて920円だったかな。


 思い出したが、石神井公園駅のタクシー乗り場なんて特定のタクシー会社以外の車が並ぶと一人が話しかけて気をそらせながらもう一人タイヤをパンクさせる係が居ると聞いた。それで石神井公園駅のタクシー乗り場にはタクシーがめったにいない。数年前の話だ。



 天下鳥でまたごちそうされてしまう。








 次から次にあらゆる串が注文される。私とY君はカシスウーロンを飲む。飯田のろくなもんじゃねぇの飲み放題で覚えた酒だ。


 20時前からY君と飲酒。20時前なのに客がいっぱいいた。


 飲み屋で今日の写真をCDに焼こうとしたが、メディアが悪いのかパソコンが悪いのか、CD-Rを入れてくださいとドライブの蓋が開いて焼けなかった。


 明日は4時に出発して7時台の飛行機で帰るというY君。22時半頃ひきあげてY君を家の前まで送る。




 千葉中央公園のファミリーマートアクエリアス。さすがに塩分を補給する必要を感じている。なんかちょっと頭が痛いし。


 帰宅後、CDを焼いて持ってゆこうと思っていたがデスクトップで焼きながら寝てしまう。CDが渡せなければネットで送ってもいいとは思っていた。500MBくらいあるが、選んでダウンロードできるようにすればいい。