西田利の日記

チャイパブは、右の「チャイパブの灯だ」、記事の内容で「xx年xx月xx日の日記」、先頭行のリンクだよ。PCで見てね。

千葉富士見二丁目

 千葉駅から富士見二丁目へ。エルメスと琴の中間あたりで声をかけられる。見たことがあるような無いような相手だが向こうはこっちを知っていると言う。今はここで自分の店をやっていると言う。時刻が早いので晩飯を食ってきますよと分かれた。



 百円餃子をのぞくと人がいっぱいだ。さすがは好景気の12月後半だ。



 あまり感心しない北京亭をのぞくとこんな店まで人がいっぱいいる。さすがは好景気の12月後半だ。



 結局、晩飯をあきらめてさっきの店に戻る。以前、香港に居たりどこかに居たりして私を何度か見たことがあるというママさんの店はAkiだという。1年やっていると言うから驚いた。1年間私が存在を知らなかったなんて。



 韓国人のおばさんが料理を出す。何曜日と何曜日は料理が無料で、と言ったかな。とにかく晩飯を出してもらう。日本式料理だがトマトスープはうまかった。ロールキャベツの味だな。


 店は中国のママさん、料理する韓国のおばさん、ロシアがふたり、20時半頃遅れて来たのは台湾がひとり、他に見なかったがフィリピンが一人いると言う。中国ママさんと台湾という女は若くないがいかにも体が丈夫そうだ。1時間4千円でドリ千円だという。話は弾まず1時間2ドリ6千円也。JOYSOUND


 口直しに香港クラブへ。相変わらず客が十姉妹のように並んで座っている。狭い隙間に尻を押し込んで座る。以前某所で会った若い女が香港に面接に来て西田を知っていると言ったらしい。それで首にもならずに採用されている。話ができる女で2時間いたとは気が付かなかった。いつものように1万円也。



 千葉中央公園の前。



 千葉中央公園のファミリ^マートでポテトチップと特保のジャスミン茶を買う。



 ご帰宅。