[その他]朝

西田利の日記

 62.6kg。と言うよりまるで60前の老人の足だ。

西田利の日記

 カミソリを替える。この替え時と言うのがいまだに分からない。剃れなくなってるような気はするんだ。ところが新品に変えても違いが分からない。

[メシ]朝飯

西田利の日記

-コーヒー
-オートミールとフルーツググラノーラと牛乳

[その他]午前

西田利の日記

 ミックスフルーツ甜菜糖寒天。

[メシ]昼飯

西田利の日記

 小岩のKにずいぶん前にもらった搾菜。これは初めて開ける。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 なんだこの開けにくい袋は。

西田利の日記

 今年の11月までか。

西田利の日記

-もずく
-搾菜
-豚肉とピーマンの豆板醤創味シャンタン大蒜オリーブオイルごま油炒め
-牛蒡人参じゃがいも玉葱銀杏鶏肉榎茸の煮物
-インスタント味噌汁

[メシ][翼よあれがチャイパブの灯だ]西船橋、小岩

西田利の日記

 西船橋で夕食。

西田利の日記

 西船橋駅。同行者は仕事で遅れて来るので暇人の当方が早めに着いて時間を潰す。

西田利の日記

 西船橋をうろうろする。まだ一度も入ったことがないちばチャン。安い居酒屋だと思う。

西田利の日記

 今日の予定地、漁師料理番屋小屋。西船橋だからホンビノス貝でも食ってみようと思うんだ。

西田利の日記

 西船橋唯一の中国パブ、夜上海。

西田利の日記

 暇なので西船橋駅の南側も歩いて見る。結論としてはなの舞が一軒あるだけだ。

西田利の日記

 北側に戻って、毎日武蔵野線から眺める外人パブのビルに行ってみる。ロシア人とルーマニア人は仲が・・・悪いのはウクライナ人か。

西田利の日記

 こんな感じの店でもいいな。実はどこがいいと言うほどの事はない。

西田利の日記

 あちこち歩いて駅前に舞い戻る。

西田利の日記

 思い付いて持ち歩いていた請求書を投函する。

 残業したKが現れる。御前崎で買った鰹の塩辛を渡す。

西田利の日記

 漁師料理番小屋で夕食。

西田利の日記

 ホンビノス貝と蛤の食べ比べ。今まで見たこともない小さいホンビノスと蛤だ。時期によるのかな? 左がホンビノス。右が蛤。

西田利の日記

 お通しのマグロの・・・ステーキと言ったかな。

西田利の日記

 貝が焼ける。感想は二つ。ホンビノスと蛤はどっちがうまいと言う違いはない。どっちも何も加えないでもうまい。以前から知ってたことだけど。食べておいしくできてるなんて、気の毒な生き物だ。それは貝の問題じゃなくて当方の舌の問題か。

西田利の日記

 海賊サラダ。げそとキャベツ。輪になってるのはげそじゃないし。

西田利の日記

 もつ煮込み。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 千葉名物のアジのなめろう。Kは刺身は食えるがこれはぐちゃぐちゃして食えないと言う。鰹の塩辛も食えないんじゃないか。

西田利の日記

 私はカシスウーロン。Kはゆずの何か。

西田利の日記

 シジミ茶漬け。シジミの味じゃなくて鮭茶漬けみたいな味にシジミが入ってたいへんうまい。

西田利の日記

 枝豆。

西田利の日記

 さっきのなめろうの骨を柔らかく揚げたものが出た。

西田利の日記

 甘い酒を一杯ずつ飲んでお二人様5421円也。

西田利の日記

 小岩に移動する。

西田利の日記

 みなみで宴会。私がみなみをあまり好まないので、Kは夕食だけでいいよと言う。いいよと言われたらたまには顔を出さなきゃならない義理があるだろう。

 同伴セットはどうでもいいようなフルーツが出て22時半まで。梅酒の瓶が2本空いて2万7千円也。こんなの無意味だと思うが半年に一回のペースになっている。

西田利の日記

 小岩駅へ。

西田利の日記

 次の電車は津田沼行きだけど、いつ電車が止まるとも分からないんだから家に近づけるだけは近づいておく。

西田利の日記

 津田沼で快速に乗り換えて千葉駅に到着。

西田利の日記

 ご帰宅。傘と靴を乾かす。三連休終了。

[その他]深夜

 食器を洗う。

西田利の日記

 コーヒーとミックスフルーツ甜菜糖寒天。


西田利の日記

 さっき入り口で段ボールゴミを見かけた。久しぶりで紙パックを出す準備をする。棚に集めていた時は膨大に見えたが縛ってみると小さい。

西田利の日記

 県民共済から入院費用を払うと言う郵便が来ている。1泊だから1万円だと思っていたが2日で2万円くれると言う。入院費用は20600円くらいだった。ほとんど賄えたな。

西田利の日記

 血圧145-94。酒飲んだのに?

西田利の日記

 血圧133-88。

西田利の日記

 血圧127-87。ま、いいか。