西田利の日記

Chromeで写真が見れない人はIEやEdgeで見てね

[その他]この日記

 なんか相変わらずエッジやieでは見れるのにchoromeで写真が見れないなー
 

[メシ]朝飯

西田利の日記

 野菜生活100ベリーサラダとジャスミン茶。

[その他]午前

西田利の日記

 実用電池回路ハンドブック3巻の30W DCアンプの主要部品の選別されたペアの2SK30を探し回る。40年前に買ったものが有ったはずだ。物置き部屋のコンテナボックスを探して無かったが、実は机の上にあった。他のトランジスタを探した時に出したままだったんだな。まさか作るとも思えないが仙台に持って行く。40年前に買ったものだ。なぜ作らないと思うかと言うと、差動二段だから二段目の2SAも選別しなきゃ意味が無い。そこまでしないだろう。

西田利の日記

 サーバーの再起動試験を忘れてた。再起動して正常に起動できる。

西田利の日記

 シャットダウン試験。以前はリモートデスクトップでうっかりシャットダウンするとそのままサーバーの電源が切れてしまっていた。

西田利の日記

 今は電源OFFにするとタイマーで5秒ごとに電源を再投入する仕掛けを作ったので自動で再起動する。

西田利の日記

 シーマンのサーバー監視も無料でお世話になって数十年か。

西田利の日記

 さて舞鶴に行く。とドアを出たところでエアコンが点けっぱなしだと思い出した。

西田利の日記

 燃えるゴミと仙台に送る冬の作業着と熱帯魚のサーモスタットとペアの2SK30を持って出発。出張用品のリュックサックと生存用品のいつものカバンも持ってる。

 ゴミ出し場でチラシがあふれた郵便受けのことでお世話になったお向かいのおじさんに出会ってペコペコ挨拶をする。

西田利の日記

 隣のファミリーマートで荷物を送る。

西田利の日記

 さて、舞鶴に行く。久しぶりの千葉駅までの道。

西田利の日記

 久しぶりの千葉人。中国人に負けるな。

西田利の日記

 家から千葉駅のホームまで2679歩。歩数計を使い始めたのがコロナ騒ぎで仙台に着いた日だから千葉駅までの歩数は知らなかった。

西田利の日記

 千葉駅のホームから見える花の都千葉。仙台はなるほど杜の都だが千葉はどこが花の都なんだろう? 日本の中国と書いたほうがいいんじゃない。歩道ゴミだらけの千葉。

西田利の日記

 千葉始発の東京行き快速が来る。

西田利の日記

 東京駅の新幹線ホーム。10時発の指定席を持っているがちょうどホームにいた9時18分発のぞみが自由席付きだったので乗り込んだ。自由席も混在してない。コロナが作るゆとりのある世界。

西田利の日記

 今朝仙台を出る予定だった当初の予定でも京都で3時間の観光があった。早い新幹線に乗ったので、ますます京都で時間が出来た。本能寺跡、近江屋跡、竜馬墓。今まで京都に来た時に思いつかなかったのが不思議な今回の観光目的地。今まではチャイパブに目が眩んでたからだな。若い頃あれほど司馬遼太郎に狂ってたのに。

西田利の日記

 居眠りしながら富士山も見過ごして淡々と京都駅に到着。天気も悪かった。

西田利の日記

 新幹線の自動改札を出たらもう改札の外だ。

西田利の日記

 京都駅。

西田利の日記

 まず本能寺跡に向かう。機械科4年の工場見学で本能寺の前のホテルに泊まったがあれは今の本能寺だ。信長が死んだ本能寺は行ったことが無い。

西田利の日記

西田利の日記

 西本願寺。家康が本願寺の勢力を割くために東本願寺を分離した。

西田利の日記

 あながたいちばん迷惑をかけていませんか?という標語を思いつかずにいられない。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ぐにゃぐにゃと細い道を歩き回って本能寺跡に到着。

西田利の日記

 このあたり数百メートルの土を分析すると信長のDNAも出て来るだろう。当時遺体はいっぱい出たが焼死体でどれが信長か判別できなかった。

西田利の日記

 次は竜馬と中岡慎太郎が暗殺された近江屋跡で昼食を摂る。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 錦市場の中を歩けとgoogle地図が言う。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 これに反応したのは池田屋という字じゃなくてLatticeという字だ。Lattice CでPC9801のプログラムを作った時代を思い出してあの頃のパソコンの匂いまで鼻の奥によみがえった。いま検索するとLatticeとは格子だと書いてある。

西田利の日記

西田利の日記

 近江屋跡に到着。坂本龍馬中岡慎太郎はここで回転寿司を食っている時に新徴組に襲われた。かっぱ寿司京のとんぼ店。京のとんぼ、の意味は検索しても分からない。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 近江屋跡の前で12時40分に会う約束の同行者を待つ。早くも1万歩達成。

西田利の日記

 かっぱ寿司京のとんぼ店で新徴組に気を付けながら同行者と昼食。ここもわさびが入ってない寿司だ。

西田利の日記

 昼食終わり。あとでPayPay履歴を見るとふたりで2574円だった。

西田利の日記

 タクシーで竜馬の墓があるという霊山護国神社へ。全国の護国神社の始まりで明治元年明治天皇が言い出して明治を待たずに死んだ志士のために設置された。

西田利の日記

 竜馬の墓そのほかの入り口。参拝料300円。竜馬の墓竜馬の墓と言うのは他の墓に失礼になるような感じはする。当方が竜馬しか知らないというだけのことだ。

西田利の日記

 無人であります。

西田利の日記

 長い階段を上る。同行者はわたしがたくさん歩くと言ったので運動靴で来ている。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 意外と簡単な竜馬と中岡慎太郎の墓。鎌倉の頼朝の墓なんて田んぼの中のゴミ出し場みたいに簡単だったな。そういえば同時に襲われて死んだ小僧さんの墓も忘れていたが並んでいたはず。小説の中で階段で殺害される描写がある。

西田利の日記

 竜馬と中岡慎太郎像。高知の竜馬像は高松にいた頃に見た記憶がある。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 帰りの順路だという池の龍。龍か? カエルみたいな体をしている。

 帰路にはインドのパール博士を顕彰する展示がある。東京裁判で日本人には好都合なことを言ったのでたいへんもてはやされている。米英はもっと悪いことをした、と言ってくれたところでちょっと悪いことが善行に変わるわけじゃない。人が何と言うかを気にするのは精神が虚弱だからだ。周辺諸国が日本をこんなに尊敬している、という記事によだれを垂らして飛びつく島国住民のみなさん。

西田利の日記

西田利の日記

 なるほど老京都の雰囲気があって観光客が歩き回っている。

西田利の日記

西田利の日記

 茶屋があるから抹茶を飲もうと同行者が言う。同行者は京都に来てから抹茶にハマっているという。抹茶とは葉ごと粉にして混ぜたどろどろの茶だろう。京都じゃなくてもあるんじゃないか。中国にもあるだろう。はじめイギリス人には茶の栽培方法が分からず中国から盛んに輸入して輸入超過になりイギリスのトランプ大統領が茶を輸入する代わりにアヘンを輸出しようとアヘン戦争を起こした。その後、栽培方法が分かったので占領したインドで茶を作らせた。

 しかし私の北京の知り合いは茶を飲む習慣がある人はいなかったな。みな水道の水を飲んでいた。茶とは高い物だから。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 いつもと違う方向から八坂神社に入ったので同行者がちょっと迷ってたどり着いた同行者のいつもの茶屋。

西田利の日記

 京都に来てから抹茶一筋だという同行者のお勧めの茶屋はコーヒーと書いてある。抹茶じゃないのかと聞くと抹茶って苦いのよと言う。抹茶味のアイスがお勧めの抹茶料理であるらしい。

西田利の日記

 いまネットで開花亭のメニューを見ると抹茶あんみつ750円とコーヒーのアイス450円かな。ここだけ現金だから金額が分からない。同行者が京都のおばさんのタチの悪さを力説するのを拝聴する。前のカップルの片方もそのうちに京都のおばさんになるんだろう。大声だから聞こえている。

西田利の日記

 丸山公園を散策する。大きなスッポンが水から上がっている。

西田利の日記

 スッポンに咬まれたらなかなか離さないんだが、そういう時は水に漬けるんだ、そうすると奴は安心して口を開けるんだ、と確かめたことも無い知識をひけらかす。そばにいた若いグループが感心して試そうとしていた。指を食いちぎられたら水に漬けなくても離れる。

西田利の日記

 これくらい大きい。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 スッポンが口を開けてるー、とまた見に行く。

西田利の日記

 もう一匹、別のスッポン。

西田利の日記

西田利の日記

 竜馬と中岡慎太郎の墓にあるのと同じ像。こっちは大きい。

西田利の日記

 見学終了。同行者は地下鉄で帰る。私は京都駅まで歩く。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 道の行きどまりがそのまま寺の入り口になっていて寺に入り込んでしまう。向こうに出口があるだろうかと疑いながら進む。

西田利の日記

西田利の日記

 無事に反対側に出て京都駅に向かう。

西田利の日記

 ここは祇園に来た時に歩いた道だな。17年10月25日に同じ写真を撮っている。あれはもう3年も前の出来事。レンガ路でノラも歌ったが、20歳の頃の3年と60歳の3年はずいぶん違う。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 高瀬川

西田利の日記

 なによめん橋かな。読めん橋であることは間違いない。いま検索すると見た通り志よめんと書いてあるという。実は地名の通り正面橋と言いたいんだろう。気に入らないなこんなひねくれかたは。

西田利の日記

 水が無い高瀬川高瀬舟で罪人を島流しに送ることもできない。

西田利の日記

 高瀬川

西田利の日記

西田利の日記

 京都駅に到着。

西田利の日記

西田利の日記

 舞鶴行きの特急乗り場。ホームに待つ場所の表示がある。

西田利の日記

 足元に5と書いてある。5号車はここで待つんだと思うだろう。

西田利の日記

 ところが頭の上に4号車と書いてある。こっちが正解だそうだ。これがITだと俺は思うんだが。この表示が最高だと思ってこうした人がいる。

西田利の日記

 重いリュックを持って電車の清掃を待つ。

西田利の日記

西田利の日記

 居眠りしながら舞鶴に向かう。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 東舞鶴に到着。

西田利の日記

西田利の日記

 こっちにまっすぐ行くと海に出る。ホテルはこっちだ。

西田利の日記

西田利の日記

 点検に同行する営業のH君に電話する。ホテル名が私が思い込んでいた海辺のホテルと違った。幸い方角は同じであまり遠くない。

西田利の日記

 暗い東舞鶴を歩く。

西田利の日記

 アーケードを横切る。平日の18時に誰も歩いていない。

西田利の日記

 こんなだから原子力発電所を誘致する。原子力発電所があるからこんなになる。敦賀とか同じだな。原子力発電所があって人もいっぱいいるのは唯一県庁所在地の松江くらいなもんだ。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ホテルに到着。

西田利の日記

 富士みなよ(戦艦)。町の主要産業でさえ漫画おたくの消費に願いを託す。町じゅうに宇宙戦艦大和銅像とストーリー解説がある敦賀も同じだな。まさか竜馬や西郷隆盛の像は建てられない。

西田利の日記

 ここは泊ったことがあるがこんなきれいなホテルだったかな。西舞鶴でレンタカーを借りて荷物を受け取ってくれた営業のH君と荷物の確認。特に点検の記録用紙の確認をする。

西田利の日記

 コンビニに晩飯を買いに行く。

西田利の日記

 さっきのアーケードの方向に歩きながらコンビニを検索すると最寄りコンビニは海の方だった。

西田利の日記

 以前来たことがある海に面したコンビニで晩飯と朝飯を買う。

西田利の日記

 部屋のチェック。

西田利の日記

西田利の日記

 前回の印象がないがけっこうきれいなホテル。実は私はきれいかどうかは気にしない。便利であればいいだけだ。尻洗いとカランの温度調節とコンセント、・・・まず第一にネットだな。

 このホテルは部屋でwifiが使える。ところが部屋のwifiはIXY210で使えないwifiらしい。こんなことがたまにある。山形の東横インだったかな。

[メシ]晩飯

西田利の日記

 醤油だれの冷し中華直火焼チャーシュー。

西田利の日記

 ファイバーサラダ。

西田利の日記

 ひじきとごぼうのファイバーサラダ、か。どっちなんだろう?

西田利の日記

-醤油だれの冷し中華直火焼チャーシュー
-ひじきとごぼうのファイバーサラダ

[その他]夜

西田利の日記

 1万歩達成。近江屋跡で達成してた。

西田利の日記

 2万歩達成記念のポテトチップとバンサイ山椒と紅茶花伝ミルクティー

西田利の日記

 声に出して読まないとバンザイ山椒の洒落が分からなかった。食べても中国山椒か普通の山椒かわからない。胡椒の味のようでもあるし。原材料名にも山椒の文字が無い。とにかくバンザイ山椒の字句を使いたかったんだろう。

西田利の日記

 このポテトチップは実はこの晩には開けなかった。翌日の日記に再登場することになる。

西田利の日記

西田利の日記

 21時半ごろ就寝したかな。

[株]今日の博打

アルテリアネットワークス 5060円