[その他]朝

西田利の日記

 62.2kg。10日で1.2kg減った。1年後は18.4kgになる。なんだダイエットって簡単じゃないか。

西田利の日記

 昨日の朝散髪するつもりだったが忘れたので今朝やった。優雅な平日の朝。

西田利の日記

 優雅に鉢植えの点検。

[メシ]朝飯

西田利の日記

-フルーツグラノーラ
-コーヒー

 家で朝飯を食う。優雅な平日の朝。

[その他]午前

西田利の日記

 燃えるごみを出して部屋に戻る。以下同文。

西田利の日記

 確定申告に使いそうな紙を見ていたら免許更新のハガキが出てきた。ハガキが来ていないと正々堂々と述べていたようだが。

西田利の日記

 60歳になった1月から払ってない国民年金基金のハガキ。よく見ると下の方に「60歳以降、新たに加入する方は」と書いてある。そんなオプションがあったのか。払えるんだったら払いたい。

 9時に書いてある電話番号にかけてみると、国民年金基金の掛け金が払えるのは国民年金の掛け金を払ってる人だけです、60歳以上で国民年金の掛け金を払えるのはそれ以前に払ってない分がある人だけです、と説明された。そうか。ある意味で安心したけど、あのハガキは誤解するだろう。

西田利の日記

 最近数日をかけてツインピークスを見返した。初めて見始めた頃はすごい興味を持って感心したが、途中からはただ謎めかせるだけで実は何の内容もないということが分かったツインピークス。善さそうに見える人も穢れている、というのと、奇形を展示したいだけのデビッドリンチ。

西田利の日記

 平日の朝は優雅に出勤する。平日の朝だからこそ優雅に出勤したいものだ。新型肺炎の件もあるし。

西田利の日記

 優雅に千葉駅まで歩く。

西田利の日記

 今日のやることリスト。ルートイン敦賀にチェックインする。

西田利の日記

 早めの電車に乗る。千葉始発じゃないけど座れた。千葉のコロナウィルス汚染地域を通るがさすがに咳をする者は非常に少なかった。電車で咳をすると灯油をかけて焼却される危険があると思うんだろう。

西田利の日記

 東京駅で東海道新幹線改札に入る。東北新幹線の改札では西船橋までSUICAの定期、西船橋から紙の切符と言うのが自動改札機で正しく処理されずSUICAに入場が残るんだが、東海道新幹線では自動改札機でも正しく処理されるようだ。

[メシ]昼飯

西田利の日記

 時間が早すぎて新幹線がどのホームに付くかの表示がまだ無い。下で昼食を買って適当なホームに上がって食う。

西田利の日記

 ハムチーズたまごサンド。

西田利の日記

 カロリー茶わん二杯分、脂質一日の必要量の2/3。ほどよいってものはこの世に実在しないのか?

西田利の日記

-ハムチーズたまごサンド
-静岡茶

 東海道新幹線だけに。

[その他]午後

西田利の日記

 下に降りると電車のホームの表示が出ていた。目的のホームに移動して待つ。

西田利の日記

 ホームから見える景色。

西田利の日記

 近畿大学? KINDAI UNIVERSITY? KINDAIとは近畿大学じゃないのか? 近畿大学UNIVERSITYとは? せめてKINKI UNIVERSITYじゃないのかね? でも御当人がこうだとおっしゃってるんですからなぁ。

西田利の日記

 ふと気が付くと昔から苦情を言ってきた新幹線の車両番号と座席の位置の表示ができている。いや、東海道新幹線にはもともとあったのかな。

 同じ目的地に行くKさんに出会う。

西田利の日記

 出発。

西田利の日記

 居眠りから覚めると富士山が見えた。

西田利の日記

 次に居眠りから覚めたのは静岡を過ぎたあたり。

西田利の日記

 名古屋。

西田利の日記

 関ケ原

西田利の日記

 さすが、関ヶ原は雪の名所だ。

西田利の日記

 米原で新幹線から特急電車に乗り替え。

西田利の日記

 米原折り返しの特急に乗り込むと、椅子の回転にご協力くださいと放送している。先頭の1Dの自分の椅子を回して座り、背もたれを倒す。しばらくすると後ろの座席が私の背もたれにガシガシ当たった。うしろのおじさんが、すみません回します、と丁寧に言う。私が立ち上がると、すみませんリクライニングが、と言う。知らなかったんだが背もたれを立てないと後ろの席は回せないんだ。すみませんシロウトなもんで、と言わなくていいことを言ってしまった。いえいえと言われる。丁寧な人だな。

西田利の日記

 漫画みたいにしゃべりまくるおばさんのグループと同じ車両で汽車の旅。Kさんの席はおばさんたちのすぐ近くだった。

西田利の日記

 敦賀到着5分前にデッキに出る。おばさんたちの騒音から解放されて世界がすばらしい場所のように思えてくる。

西田利の日記

 ホームでKさんと再会する。漫画みたいにしゃべりまくるおばさんたちでしたねーなどと言いながら前方左のルートインにチェックインする。
西田利の日記

 微妙に高いルートインは微妙に豪華だ。なぜか舞鶴敦賀もホテルが摂りにくい状況だ。原発で工事があるのかな。

西田利の日記

 バスタブも微妙に大きい。

西田利の日記

 ヘアコンディショナーが別だったり・・・

西田利の日記

 手洗い石鹸が別だったり・・・

西田利の日記

 綿棒、カミソリ、・・・万事微妙な仕儀。歯ブラシは良い。

西田利の日記

 駅とホテルの間の空間。スケボー場にでもするのか。

西田利の日記

 さて、敦賀の点検に出かける。

西田利の日記

 あいかわらず見事なシャッター街。人が歩いていない。

西田利の日記

 宇宙戦艦ヤマトの像。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 大真面目で漫画の筋を解説している。人類滅亡後にこれを見た考古学者は実話と勘違いするんじゃないか。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ドクタードリトル。そうか。

西田利の日記

西田利の日記

 現地で字が読み取れなかったが今検索すると萩の井戸らしい。どういう井戸かは分からない。ただ井戸だということかな。

西田利の日記

西田利の日記

 なんだこの水道管の手抜き工事は、と思ったらこれは雪を溶かす水道管だ。

西田利の日記


西田利の日記


西田利の日記

 ボタンを押すと青時間が延長します。うっかり押すところだった。

西田利の日記

 google地図よりずいぶん近いが敦賀城址に到着。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 それはそれとして、google地図に載っている敦賀城址を目指す。

西田利の日記

 google地図の敦賀城址に到着。

西田利の日記

 大谷吉継敦賀城址。いま検索するとここは敦賀城の北西の隅だという。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 次に行く場所の予定もないが天狗党の誰かの墓を見に行く。敦賀ってこれと言った観光資源が無い。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 浅い川で川底が良く見える。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 梅? わからない。

西田利の日記

西田利の日記

 史跡武田耕雲斎等墓。天狗党の挙兵に反対したが首領に担ぎ上げられた人らしい。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 茨城との交流があるようだ。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 近所のマンションの名称まで、新水戸マンション。

西田利の日記

 時間があるので日本三大松原も見に行く。ところがヒケの松原が音声検索で出てこない。

西田利の日記

 ケヒか。すごい時間がかかった。実は近くの地図を見て字を知った。

西田利の日記

 気比の松原に到着。

西田利の日記

 松ってのは幹がぐにゃぐにゃしてるものだと思っていたがここの松はみなまっすぐだ。18年12月15日に見た三保の松原、08年9月25日に見た虹の松原、いま日記を見返してもまっすぐの松は無い。気比の松原は日本で唯一の幹がまっすぐの三大松原だ。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 なぜかトイレが三つ。左端の小さい水色のトイレは壊れている。左の白と右の木目調はどちらもトイレとして機能しているようだ。なぜ二つあるのかは分からない。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 隣は野球練習場みたいになってる。個人的にノックみたいなことをして遊んでるような人たちがいる。音楽を大音量でかけている。

西田利の日記

 戻ろうとしたら林の中の道を見つけた。こっちに入ってみる。

西田利の日記

 これはつまり野球練習場を迂回する道だったようだ。練習場の反対側の普通の道に出る。

西田利の日記

西田利の日記

 松原終わり。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ほとんど海が近いが鯉がいる。

西田利の日記

西田利の日記

 台湾料理萬来。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 敦賀名物の誰も歩いていない繁華街。渚にてみたいな映画の撮影が出来そうだ。

西田利の日記

 大阪のUさんから電話が来る。今どこにいる?という。気比神社の近くにいます。じゃ18時過ぎに現地集合で、と晩飯の場所を教えられる。

[翼よあれがチャイパブの灯だ]敦賀

西田利の日記

 敦賀の飲み屋街を点検する。

西田利の日記

 薔蘭。18年7月6日と9月11日に来たことがある地味な店。地味であたりまえだ。敦賀は県庁所在地でもない。もう電気が点いている。

西田利の日記

 隣の麗麗。電気が点いていない。

西田利の日記


西田利の日記

 そしてgoogle地図で離れた場所にもう一軒見つけた麗麗。もともと二軒あったのか? どっちかがどっちかに移転したのか?

西田利の日記

 敦賀は鳶が多い。気比の松原でも盛んにピーヨロヨロと鳴いていた。

[メシ]晩飯

西田利の日記

 さて、そろそろ晩飯会場に向かう。

西田利の日記

西田利の日記

 敦賀名物の雪国仕様歩道橋。

西田利の日記

 退勤ラッシュの敦賀の繁華街。

西田利の日記

 夕食会場の勇吉に到着。いつものKさん、大阪のUさん、仙台の協力工場のSさんと会食。

西田利の日記

 マッコリありますよ、と言われたのでじゃぁマッコリと注文する。出てきたのは黄色っぽい透明の液体だ。めずらしいマッコリですね、私は白いのしか見たことがない、と言うと、白いのもあるんですか? 私は見たことがない。これが普通のマッコリですよと言う。

西田利の日記

 メニューをよく見るとマッコリじゃなくてマッコイだ。どっちかって言うとマッコリじゃなくて梅酒じゃないかな。

西田利の日記

 カキフライ、刺身、その他。

西田利の日記

 仙台の協力工場から来ているSさんが払ってくれた。

西田利の日記

 人影のない敦賀の繁華街を、みなさんはホテル方面へ。

[翼よあれがチャイパブの灯だ]敦賀

西田利の日記

 歩道橋を渡って飲み屋街へ戻る。行く、かな。

西田利の日記

西田利の日記

 薔蘭の隣の前に行ったことがある麗麗を見に行く。電気が消えております。

西田利の日記

 隣の麗麗の前の客引きに声をかけられる。敦賀では遊ばないつもりでいたが何となく店に入って座ってしまっている。どうということもないがそれなりに面白く過ごす。1時間半近く5千円也。DAM。ここはマッサージ屋と兼業している。ということはマッサージ水準ということでもある。カウンターだが他に客がいないんだからソファーと同じことだ。

西田利の日記

 離れたほうの麗麗を見に行く。

西田利の日記

 ここは薔蘭の隣から越して来た店だと言う。セット料金は3500円ですが店のボトルを飲むなら5千円ですよと言う。音楽にそれなりに興味があるママさんと、もう一人わりと若い(60歳の客の視点で)女の二人でやっている。客は近所のじいさんたちがすでに4人。カウンターでそれなりに面白おかしく過ごす。24時半頃まで2時間半ぐらい座って6千円だった。

西田利の日記


西田利の日記

 東横インの前まで帰り着く。「信じ合う愛」と書いてある。「互いの無事を信じ、愛を信じ合った二人『古代進と森雪』」と書いてある。繁華街中いたるところに漫画の解説だらけでいいのか?

西田利の日記

西田利の日記

 ルートインに帰り着く。途中のファミリーマートで買った午後の紅茶を飲む。午前だけど。いわゆる午前様ってやつかな。

西田利の日記

西田利の日記

 41kcal。15分の散歩が必要・・・と言う前につまみのチョコレートとかいっぱい食ってきた。

[株]今日の博打

ダスキン 1663円