西田利の日記

チャイパブは、右の「チャイパブの灯だ」、記事の内容で「xx年xx月xx日の日記」、先頭行のリンクだよ。PCで見てね。

隠し砦の三悪人

 黒澤明スターウォーズのモチーフになったという。昭和漫才風の大げさな芝居も時代劇ということであまり違和感なく見れた。ただしお姫様の台詞回しにはうんざり。筋立ては独特のもので退屈しないで見ることが出来た。
 子供のころに見た三船敏郎はすでに年寄りになっていて、威厳ばかり作っているようであまり好きでなかった。こちらが年をとってから若いころの三船敏郎を見ると好きになる。漫画のあじさいの唄のおやじが若い頃の三船敏郎をモチーフにしていることもよくわかる。
 お姫様のほうは、この映画がデビュー作で2年後には自分は才能が無いと引退したとのこと。納得。