西田利の日記

チャイパブは、右の「チャイパブの灯だ」、記事の内容で「xx年xx月xx日の日記」、先頭行のリンクだよ。PCで見てね。

2023年3月22日の日記

自宅サーバー上の同じ記事

[その他]朝

西田利の日記

 全裸体重57.1kg。

[メシ]朝飯

西田利の日記

 野菜生活100オリジナル。

[その他]午前

西田利の日記

 おでかけ。

西田利の日記

 春爛漫、と言うんだろう。

西田利の日記

西田利の日記

 弁当の小銭を忘れた。以前は現場に弁当用小銭を貯めておいたんだが、家計簿の集計に不便なので持ち帰っている。毎日380円持ってこなきゃならないのに、忘れていた。この時刻に唯一出社しているA君に小銭持ってる?と聞いたら奇跡的に380円貸してくれた。無ければ自動販売機で110円の飲料を買わなきゃならないところだ。

西田利の日記

 舌下体温36.5℃。就業許可。

西田利の日記

 コーヒー。

[メシ]昼飯

西田利の日記

 A君に借りた弁当。

西田利の日記

 一口めを食おうとした途端に箸がぽっきり折れた。縁起でもない。カバンに入れてある予備の箸で食う。

[その他]午後

西田利の日記

 土曜に剪定すると言うので退出時にキンモクセイの枝をいただく。

西田利の日記

 枝が若すぎかな。

西田利の日記

西田利の日記

 すぐ外出するので蚊取り線香で部屋を燻蒸する。

西田利の日記

 小規模企業共済の郵便が来ている。貸付限度額360万と書いてある。こんなのを借金する日も来るだろうか。小規模企業共済を積み立てられるのも借金しないで生活できるのも遺産をもらったおかげだった。あとは、姉ヶ崎の某組織が今の仕事を一から仕込んでくれたおかげだな。姉ヶ崎でプラント工事を学んで、そのおかげで新川崎で制御盤を学ぶことができた。実は職歴13年だ。

西田利の日記

 現場のスリッパなどを買いに出かける。昨日の歩数が5155歩不足している。

西田利の日記

 徒歩30分でケーヨーデイツーに到着。

西田利の日記

 スリッパ。他に、挿し木用の保温道具(土を温め葉は涼しく)を買うつもりだったが、季節もいいのにやりすぎだと考え直した。

西田利の日記

 蚊以外の昆虫に効果がある蚊取り線香。以前から探していた。でもとりあえず今の部屋ではスプレーを主力にすることにする。賃貸に煙は、あまりよくないだろう。

西田利の日記

 挿し木用のカップが足りるかどうか確信が持てなくなって買ってしまう。出かける前に確認するべきだった。帰宅後に見ると、実は買う必要はなかった。

西田利の日記

 micro-Bの1mのUSBコード。欲しかったけど、トリマで548円稼ぐには1か月近くかかるので、取りやめ。

西田利の日記

 いまトリマ用に3台の携帯を布テープでつないで折りたためるように使っている。これをマジックテープでつなぐように変えたいと思っていた。ところがマジックテープを見ると長さが15cmしかなくて、これでは4つ必要だし、200円以上するってことは1000円近くになる。トリマに金を掛けたくないので、トリマだけに取りやめ。ダイソーを見てから再度考えるか。実は仙台で作っている商品でもマジックテープを大量に使っているので、その端切れをもらうと言う手もある。

西田利の日記

 同じ売り場で螺旋式ゴムの耳かきというものを見る。古典的な耳かきの能力に限界を感じているので、これは買ってみる。

西田利の日記

 買い物終了。

西田利の日記

 愛宕駅に向かう。細い暗い道をgoogle地図に案内される。

[メシ]晩飯

西田利の日記

 愛宕駅の前の居酒屋真心で夕食。野田で何度目の外食かな。1月9日に元祥で食ったことしか記憶にない。黒霧島の水割り3杯。(最初の1杯はグラスを倒してほとんど全部こぼしてしまった。)

西田利の日記

 お通しと思われる。鶏のハムみたいなの。

西田利の日記

 水餃子ともつ煮込み。

西田利の日記

 ホルモン炒め。

西田利の日記

 麻婆豆腐とご飯。激辛だそうだが普通の日本人向けの辛さだ。旨さはあまりなかった。

西田利の日記

 4800円也。食いすぎだな。

[その他]夜

西田利の日記

 ブレイクナッツとチョコレート4個とコーヒー。

西田利の日記

https://www1.gifu-u.ac.jp/~fukui/06-4-03.html

 岐阜大学応用生物科学部園芸学研究室の福井博一教授の部屋。経験が頼りの他の記事とは正反対のことが書いてあったりして勉強になった。結論は、挿し木も相反する条件の板挟みで簡単ではないということだ。
・根が出るまでは葉に蓄えられた栄養で生きるのであるから元の木の栄養状態が重要で、リンとカリを多く、窒素を減らして晴天が続いた木から枝を取るのがよい。
・差し木を取るには花芽が成長する部分ではなく枝が成長する部分が良い。元の木の先端の枝より根の近くの枝が良い。
・芽や葉が育つのは差し木にとって悪い状態で、根が育つことに栄養を集中しなければならない。土は25℃に、気温は涼しい方がいい。
・葉の呼吸と水分の蒸発が枯れる原因であるから、発根以外の活動は抑えるのがよい。

 気が付いたのはこんなところだが要約できるほど単純ではないので本文をよく検討する必要がある。

 焼酎に酔って畳んだままの敷き布団の上で寝てしまった。

[その他]夢

 目が覚めると日が変わったところだ。夢の中で、鹿児島の甲東中学校の周りみたいな感じの道路を歩いたり運転したりしていた。それは部活動か何かに関係していて、それが私が人生で経験も無い剣道部か何かの部活動らしいんだ。そのことに関する交渉か何かがあって、代表は姉ヶ崎の現場事務所の所長だったKさんだ。私も交渉に参加したらしい。交渉から戻って、大きな学校の校舎の階段みたいなのを1階まで降りると、ちょうど交渉に出かなった人たちが外から入ってくるところだった。交渉結果に不満だと言う空気が見えて、その中に父兄みたいな感じの怪異な老人がいて、駐車場は場所も悪いし何もかも(悪い)だ、と言った。だから困ったと言う感じも無く、のんきな夢だ。

[その他]夜2

西田利の日記

西田利の日記

 22日は17031歩。21日の不足分5155歩も含めて1万歩達成。

西田利の日記

 ルイボス茶。

西田利の日記

 現場で切って来たキンモクセイの枝を処理する。これは枝付き芽一本チーム。


西田利の日記

 上から製造した芽のみチーム。

西田利の日記

 枝付き芽数本チーム。

西田利の日記

西田利の日記

 芽のみチームの葉を減らす。切り落すなら芽が伸びようとする先端を切ったほうがいいと今日学んだ。

西田利の日記

 発根促進剤ルートンを使う。

西田利の日記

 芽のみと芽のみブドウ糖ブドウ糖というのは、今回は栄養を補うためにブドウ糖水溶液で育ててみようと思ってるんだ。ちょっと考えなおして、最初からブドウ糖じゃなくて、葉に蓄えられた栄養が枯渇する頃、おそらく1週間後ぐらいからブドウ糖を使い始めることにした。そのほうがまだしも腐敗しにくいだろう。

西田利の日記

 枝付き芽1本と枝付き芽数本。若い芽より枝の方が根が出やすいかもしれない。分からないから試す。

西田利の日記

 枝付き芽数本の一つは水栽培にする。これもブドウ糖に替えるのは1週間後で、今白いのはルートンです。

西田利の日記

 ルイボス茶。

西田利の日記

 Kプログラムの世話。

西田利の日記

 今日買った螺旋式ゴム製耳かき。ホントによく取れる。鼓膜も取れそうだ。

 28時7分頃就寝。

[株]今日の博打

栗山ホールディングス 9143
三菱電機 2798
合計 11941円