西田利の日記

チャイパブは、右の「チャイパブの灯だ」、記事の内容で「xx年xx月xx日の日記」、先頭行のリンクだよ。PCで見てね。

2024年3月6日の日記

[その他]夢

西田利の日記

 仙台の協力工場の量産品の検査の要領を説明している夢を見た。めずらしく登場人物や出来事が現実と一致している。夢じゃなくて考えていたのかもしれないな。でも夢って考えごとだろう。目が覚めると3時50分。また寝る。

[その他]夢2

西田利の日記

 昨日見た大阪日本橋のデジットのことや、デジットで見た44Pカードエッジコネクタ付きのユニバーサル基板をMC6800に使うことを検討したりする夢を見た。気が付くと4時26分。このまま起床してしまう。

[メシ]朝飯

西田利の日記

 昨夜の夜食といっしょに買った野菜生活100ベリー&ざくろスムージー

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 熊本県の農協の工場が山梨県にあって名古屋のカゴメが売って東京のカゴメが相談センターか。

[その他]午前

西田利の日記

 舞鶴の朝。アマービレの朝。

西田利の日記

 自衛艦がゆっくり動いている。

西田利の日記

 チェックアウトして、海まで歩いてみる。

西田利の日記

 ここで魚釣りしている人を見たこともあったな。あれは19年12月4日だった。

西田利の日記

 3月では魚もいないだろう。海の四季は遅れて来る。

西田利の日記

 ホテルに戻る。8時40分にフロントで大阪のH君と待ち合わせ。

 H君が運転する大阪営業所の車で現場に向かう。

西田利の日記

 9時から設備の点検。フィルター交換の荷物運び。メガーのための温湿度を測る。運転を伴わない点検。運転が午後になったので午前の時間が余ってしまう。

[メシ]昼飯

西田利の日記

 早めの昼飯。存在は知っていたが入る機会が無かった熱烈らぁめんに入ってみる。

西田利の日記

 酒粕らぁめんとやらを体験してみる。大牟田あたりでは何でも粕漬けにしてたいへんうまいが、全国的には粕漬けは野沢菜わさびくらいしか手に入らない。粕漬けというと魚を漬けたものだと思っている人が多いみたいだな。にんにくを聞かれたが帰りの新幹線のことも考えて残念だけどナシにした。

西田利の日記

 メニューには酒粕らぁめんが無い。別紙の特別メニューか。

西田利の日記

 酒粕らぁめん登場。ぶったまげるほどじゃないが酒粕が効いてるんだろう。ちょっと変わった味だ。それよりもしょっぱい。しょっぱいぞ。

[その他]午後

西田利の日記

 熱烈らぁめんの向かいのファミリーマートで時間調整。塩化ナトリウムを中和するためにトリマで稼いだファミペイでチョコモナカジャンボを食う。

西田利の日記

西田利の日記

 午後は運転を伴う点検。今年は舞鶴で新型コロナが流行っているという理由でお客様の訓練は無し、建物の条件設定も無し、装置の運転と性能測定だけやる。

西田利の日記

 点検終了。

西田利の日記

 大阪のH君に東舞鶴駅まで送ってもらう。H君は車で大阪に帰る。別れた直後に、カメラが無い、車の助手席に無いかい、と大騒ぎしてH君の留守電に入れてしまった。防寒着の胸ポケットにカメラはあったのであった。訂正の留守電を入れる。

西田利の日記

 18時半頃で予約してあった特急と新幹線を早く着く電車に書き替えてもらう。

西田利の日記

 東舞鶴から各駅停車で綾部へ。

西田利の日記

 最後部の景色。

西田利の日記

 綾部で同じホームの向かいに停まっている特急に乗り換え。

西田利の日記

 京都で新幹線への乗り換え時間は10分しかない。東舞鶴で切符を書き換える時、乗り換え時間10分でいいですかと念を押された。京都駅の山陰本線から新幹線の乗り換えは歩く距離があるとは知っていた。

西田利の日記

 新幹線は東京までの切符を持っていたが、よく調べる暇もなく品川で降りてみる。品川から上野東京ライン常磐線直通で柏へ。混雑時刻に座れると言う長所があった。

[メシ]晩飯

西田利の日記

 柏で晩飯を探す。実は野田別荘にも晩飯があったんだが、いつもの出張帰りの習慣で冷蔵庫は空だと勘違いしていた。

西田利の日記

 35年位前に鹿児島でよく食っていたホワイト餃子。野田本店が敷居が高いようなので柏で食うかと思ったが、こっちも営業時間外か。

西田利の日記

 佳佳苑とやらに入ってみる。ここは相当昔に柏のYと晩飯を食ったことがあるんじゃないか。11年3月5日かな、もしかして。

西田利の日記

 五目野菜刀削麺を注文してみる。

西田利の日記

 待つ時間にメニューを眺める。魚香肉絲1000円。4人で食うことかな。中国料理を外で食うには人数が必要だと言う問題は解決方法が無い。

西田利の日記

 五目野菜刀削麺登場。

西田利の日記

 一番うまいラーメンは湯麺のうまい奴だと思っているが、これも同じ味でうまい。そして麺は水餃子の耳のような厚みがあって咬んでおいしい。湯麺はうまいやつはうまいけど野菜臭くなるのが多いんだよね。これは旨いぞ。

[その他]夜

西田利の日記

 東武電車で野田市駅へ。ファミリーマートに寄るつもりで愛宕ではなく野田市で降りる。あとで知ったが、柏-野田市は261円、柏-愛宕は324円。徒歩17分の駅の運賃が63円違う。

 昔の電車は混雑時は何時まで椅子を上げといてくださいってのがあったな、と思い出した。

西田利の日記

 野田市駅でトイレを借りると、あれ、改札の中の奥にこんなトイレがあったのかな。小便器が半個室。

西田利の日記

 新しい改札が出来てる。へー。

西田利の日記

 あたらしい西口。

西田利の日記

 へー。

西田利の日記

 ファミリーマートでトリマで稼いだファミペイで雪印コーヒーを買う。

西田利の日記

 野田別荘にご帰宅。wifiとパソコンのスピーカーの電源が入りっぱなしだった。たいした電気代じゃないだろう。

西田利の日記

 雪印コーヒーとナッツ&フルーツとチョコレート。

西田利の日記

 コーヒー。

西田利の日記

 切り餅をパルスイート醤油で。コーヒー。

 トリマの世話をしながら座ったまま居眠りしてしまった。

[その他]夢

 仕事上の知合いらしい体の大きい男、現実には知らない男がちょっとからんでくると思ったら、彼は屋外の塀のようなところから水を入れた透明な風船のようにぽたりと地面に落ちた。体調が悪い、さっきどこかで体を打って目が見えない、という。地面に寝かせてると、通りかかった医師が体温を測れと言うので、いつものカバンから体温計を出そうとするが見つからず、なぜかポケットに入っていたんだったとポケットから出して、大男に体温を測らせる。そうこうするうちに、緩らかな勾配を走る古風な電車のシーンになって、これは舞鶴の電車かもしれない、看病の続きみたいなシーンがあって、電車の席を離れて最後尾のデッキに居たら降りる駅に着いたので、あわてて降りようとしたら靴を履いてない。車内を探してもない。電車は発車しようとして、私ははだしで飛び降りた。ホームセンターでも探して靴を買おうと思ったら、いつの間にか靴下は履かずに靴は履いていた。広々した田舎道をどことも知れぬ目的地に向かって歩いている。今日の舞鶴の印象かな。気が付くと24時40分。

西田利の日記

 トリマの世話が残っている。

西田利の日記

 本日12212歩。

西田利の日記

 就寝。