西田利の日記

Chromeで写真が見れない人はIEやEdgeで見てね

[その他]朝

西田利の日記

 東横イン福島駅東口2の朝。

西田利の日記

 チェックアウト。しばしばこういう目より高い位置に物を忘れる。

[メシ]朝飯

西田利の日記

 新幹線の時刻にぎりぎりだが東横インのリッチな無料朝食をいただくことにする。

[その他]午前

西田利の日記

 急いで福島駅に向かう。

西田利の日記

 徒歩3分で福島駅に到着。

西田利の日記

 福島駅の東口から新幹線までの長い通路。

西田利の日記

 北に向かう新幹線が来る。

西田利の日記

 さて、次は花巻への乗り換えの為、北上に向かう。

西田利の日記

西田利の日記

 遠くの山は雪だ。

西田利の日記

 20分もかからず仙台に着く。なつかしいテレビ塔三兄弟。岩沼の工事から仙台のホテルに帰ってくると橋を渡ることろで赤や緑の電飾で迎えてくれた。

西田利の日記

 仙台からさらに北へ。この経路は一度、仁賀保から秋田経由の新幹線で東京に向かったことがあるだけだ。

西田利の日記

 古川駅から見える東北インというホテルの名にびっくりする。

西田利の日記

 くりこま高原駅。駅の前はイオンが有るだけだ。

西田利の日記

[翼よあれがチャイパブの灯だ]北上

西田利の日記

 花巻に行くために在来線に乗り換える北上に到着。機会だから途中下車して見学する。

西田利の日記

 何を見学するかと言うと飲み屋街だ。日曜の朝の9時に。

西田利の日記

 ネットで存在を知っていたバラ2。

西田利の日記

 偶然見つけたダウンタウンビルの中国パブ愛林。

西田利の日記

 海と書いてhaiと読むとは?

西田利の日記

 偶然見つけた中国パブさゆり。1周年ということは・・・。

西田利の日記

 さゆりの隣のビルのネットで知っていた相愛。

西田利の日記

 偶然みつけた浪漫佳人。

西田利の日記

 ネットで知っていたChinaガール。英語部分とカタカナ部分はどう決まったのか?

西田利の日記

 浪漫佳人の斜め向かいの酔恋。

西田利の日記

 水たまりが凍っているからそろそろ北上駅に向かうか。待っていても日曜の朝にチャイパブ開きそうもないし。

西田利の日記

[その他]午前2

西田利の日記

 盛岡行き電車まであと30分。

西田利の日記

 電車は待っているので乗り込んで待つことにする。幸いとても暖かい。向こうにいるのは清掃の人だ。

西田利の日記

 発車。

西田利の日記

 ワンマン電車らしい。持っている西船橋から本八戸までの乗車券で乗れるのか心配になる。

西田利の日記

 次の駅で降りる人はボタンを押して知らせるのか?

西田利の日記

 無事に花巻に到着。西船橋から八戸行きの乗車券で3回目の途中下車。

西田利の日記

西田利の日記

 花巻駅。山形から新幹線で通過したことはあったが、人生初花巻。若い頃宮澤賢治に熱中して以来気になっていた土地ではある。歳をとってそんな熱も無くなったが、機会だから見学する。実は土曜の夜は花巻のチャイパブと言うのが当初の計画ではあった。そういう見学だ。

西田利の日記

 地下通路で西口に向かう。

西田利の日記

 花巻駅西口。

西田利の日記

 歩いていると花巻防空監視哨聴音壕跡というものを見る。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 花巻駅から18分で最初の観光目的地のぎんどろ公園に到着。賢治が勤めた花巻農学校の跡地に賢治が好んだぎんどろを植えているという。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 どっどどどどうどどどうどどどう、酸っぱいかりんも吹き飛ばせ。今でもソラで言えるほど愛好した。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ぎんどろ公園のすぐ近くの賢治の墓所に向かう。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 次の目的地の東に向かう。

西田利の日記

 神社を過ぎたところで賢治ゆかりの神社だと表示を見て、少し戻る。鼬稲荷神社だという。

西田利の日記

西田利の日記

 遠野へ。遠野か。いつだったか台湾出張のおかずに遠野物語を持参して、飛行機の中や農家で籾乾燥機の試験中に読んだっけ。古い昔だ。遠野はちょっと気にはなるけど実は行っても見るものが無いだろう。遠野はたぶん行かずに読むものだ。たぶんだけど。

西田利の日記

 やっと東北本線まで戻る。

西田利の日記

 道を歩いていると次の観光目的地の宮澤商店に出会う。

西田利の日記

 賢治の母の実家。賢治の誕生の地。

西田利の日記

[翼よあれがチャイパブの灯だ]花巻

西田利の日記

 そしてすぐ先に中国パブ心愛。賢治の作中には中国人は簡単に退治される悪い行商として登場する。

西田利の日記

 パブ愛恋。

西田利の日記

西田利の日記

 遠くから夜来香という看板を見て近づくと餃子屋だった。

西田利の日記

 ネットで知っていた佳竹。

西田利の日記

 同じく未来。

西田利の日記

 華蓮、薔薇。

西田利の日記

 中国パブ清美。

西田利の日記

 和夢。

西田利の日記

 君再来。

西田利の日記

 チャイパブ見学を終えて次の目的地へ。

[その他]午前2

西田利の日記

 豊沢橋。この橋の欄干が・・・

西田利の日記

 銀河鉄道の夜

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 ほんとにこんな狭い道でいいのか心配になってgoogle地図を見る。地図が見えるだけじゃなくて自分が地図のどこにいるか分かる魔法の装置。

西田利の日記

 田舎道を歩く。

西田利の日記

 同心家屋。ただ藁ぶきの家が有るだけだ。

西田利の日記

 宮澤賢治の詩碑に向かっている。これがそうか?

西田利の日記

西田利の日記

 詩碑200m。これは詩碑じゃないのか?

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 酸っぱいきゅうりをぽくぽく食べてみんなは酒を飲んでいる、で建設された橋の跡らしい。いまでもソラで言える。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 桜地人館。

西田利の日記

 賢治、高村光太郎、萬鉄、舟越の4人を顕彰する施設らしい。

西田利の日記

 あれは賢治の胸像か?

西田利の日記

 と思ったら医学博士佐藤隆房先生。上記4人じゃなくて医学博士の胸像か。医学博士なら西田豊作だってそうだ。誰かと検索したら賢治の最後を看取った人らしい。そんな人が賢治より先に胸像になるとは。

西田利の日記

 この冬初めて雪を見る。あめゆじゅとてちてけんじゃ。

西田利の日記

 やっと二つ目の観光目的地、羅須地人協会の跡に着く。花巻空港の横にあるのはここにあった建物を移設したものだ。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 詩碑とはアメニモマケズか。これは賢治の理想と関係が無いやけくそで書いたんじゃないの。つまり賢治が選んだんじゃなくて読み手の大衆がよろこぶ詩ってことだろう。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 下の畑におります。こんな言葉が神聖化されてる。

西田利の日記

西田利の日記

 観光終了。さすがに駅よりさらに北のイギリス海岸を見ようとは思わなくなった。

西田利の日記

 賢治のトイレを借りる。賢治のトイレは水洗じゃなかっただろう。

西田利の日記

西田利の日記

 花巻駅まで徒歩35分。そんなに歩いたのかな。

西田利の日記

 さっき見た同心屋敷。

西田利の日記

 来る途中でも見た廃墟。ここで廃屋とかいう名前で茶屋をやってはどうだろう。と言っても日曜なのに観光客は私一人しか見かけない。

西田利の日記

 バス停を見かける。1時間に1本ってとこだな。

西田利の日記

西田利の日記

 柿を干している家がある。鹿児島の鴨池に住んでいた頃は隣の家でも柿を干していたな。私が鴨池と言うのは昔の地名で、今の鹿児島大学法文学部のすぐ前で現在は荒田二丁目という地名に変わっている。

西田利の日記

 さっき欄干を見た橋。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 さっき点検した飲み屋街。

西田利の日記

 花巻市役所。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 少し凍った水の下に落ち葉が沈んでいる。

西田利の日記

 このコンクリの白い沁みを見た時、さいきんおまんこマークを見なくなったなと思い出した。昔はあの絵を描くだけで神秘の表現だったがいまではネットでなんでも見れてしまい世界から神秘というものが無くなったってことだろう。
西田利の日記

 ガードレールの・・・欄干と言うのか。

西田利の日記

 賢治の童話の登場動物が描かれている。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 花巻駅に帰り着く。

西田利の日記

 でか尻おばさんの像。

西田利の日記

 でか尻やすらぎおばさんの像。

[メシ]昼飯

西田利の日記

 花巻駅で昼飯を食う。花巻と言えば賢治そばしかないだろう。

西田利の日記

西田利の日記

 賢治そば。賢治の晩年は菜食だったと思うがこれには卵が入っている。いいのかな。賢治そばと言っても新沼賢治かもしれないからな。

[その他]午後

西田利の日記

 花巻観光を終わり、次は新幹線に乗り換える盛岡に向かう。

西田利の日記

西田利の日記

 機械の体をタダでくれる星に連れて行ってくれる電車を待つ。

西田利の日記

 二列でお待ちください。こんなことも千葉の駅は教えてくれないから千葉で下り電車の乗る人たちは団子になって電車を待っている。上り電車に早朝に乗る人たちはさすがにそうでもないが。

西田利の日記

 雪。

西田利の日記

 銀河鉄道の舞台は南昌山。へー。

西田利の日記

[翼よあれがチャイパブの灯だ]盛岡

西田利の日記

 盛岡に到着。

西田利の日記

 新幹線に乗り換える前に盛岡を見学する。ところが事前調査の地図を忘れてきたようだ。それとも元々調査していないのかな。どうせ日曜の昼だ。

西田利の日記

 花巻では会社のパソコンまで背負って観光して甚だ疲れた。遅まきながら盛岡観光は荷物をコインロッカーに預ける。

西田利の日記

 盛岡見学に出発。

西田利の日記

 シャーベット。

西田利の日記

 鮭が遡上する川。こんな表示を見るのは初めてだ。高松では亀がいっぱい居る川は見たが。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 スナックしゅう? 分からない

西田利の日記

 中国めいか。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 永遠。わからない。

西田利の日記

西田利の日記

 蘭。わからない。

西田利の日記

 桂泉。わからない。

西田利の日記

 蓮華。わからない。想像するだけだ。

西田利の日記

西田利の日記

 空想ばかりではしょうがないのでさっき見た中国めいかに上がってみる。

西田利の日記

 なんだこれは張り切った装飾だな。

西田利の日記

西田利の日記

 さっき見た蓮華。上がってみても分からない。日曜の昼だ。

西田利の日記

 同じく桂泉。
 
西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 盛岡見学終了。駅に戻る。

西田利の日記

 よくおでんした。大根やジャガイモやコンニャクでよくおでんした。

西田利の日記

 駅の中の蕎麦屋。わんこそばの本場だという。

西田利の日記

 こんなところにも賢治の影が。賢治はわんこそばみたいな食い方を喜ぶだろうか。

西田利の日記

西田利の日記

 上がり専用エスカレーター。上がってみようと近づいたら上がってくるエスカレーターの出口だった。でかい字で書くべきことが違うだろう。

 おみやげに風鈴を買おうと歩き回ったがどこにも売っていない。風鈴は盛岡名物ではないのか。南部とは?

西田利の日記

 歩き疲れてドトールコーヒーにしけこむ。

西田利の日記

 実はここは駅の休憩所も兼ねていてコーヒーを買わなくても座れる。でもコーヒー代なんかどうでもよくなるほど歩き疲れた。

西田利の日記

 コインロッカーからリュックサックを出す。

西田利の日記

 盛岡の兵馬俑

西田利の日記

西田利の日記

 ドトールのすぐ外の休憩用のベンチはあいている。なぜならとても寒い。

西田利の日記

 これは別の場所のベンチ。こっちは大きなヒーターがあって暖かい。たまたま人がいない瞬間に撮ったがこっちは人気がある。

西田利の日記

 ようやく八戸に行く新幹線のホームに出る。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 電車が来る。

西田利の日記

 八戸に到着。人生初青森県。ここで八戸に到着したように勘違いしたが、実はここから電車で本八戸に行く。JR八戸は八戸の中心じゃないらしいんだ。

西田利の日記

 鮫行きの電車を待つ。

西田利の日記

西田利の日記

 電車が来る。雪かきが付いた電車。

西田利の日記

 社内のあの空間はディーゼルカーの煙突かな。水島でも似たようなディーゼルカーに乗った。あの扉は・・・

西田利の日記

 非常用はしご。電車に梯子が必要なのか。

西田利の日記

 本八戸に到着。

西田利の日記

西田利の日記

 電車はそのまま鮫に食われに行く。

西田利の日記

 本八戸駅

西田利の日記

 スマイルホテルに向かう。掛川でも泊まったスマイルホテル。

西田利の日記

 途中で見た飲料の自動販売機。ジュースじゃないだろう。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 八戸は異常におどけてるらしいよ。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 スマイルホテルに着いたらしいよ。

西田利の日記

 部屋は狭いらしい。3800円だからな。

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

西田利の日記

 コンセントは3つあるらしいです。

西田利の日記

西田利の日記

 ホテルの自動販売機でPETのコーヒーを買ったら冷たいのだったのでもう一本暖かい缶コーヒーを買う羽目になったらしい。

[翼よあれがチャイパブの灯だ][メシ]八戸

西田利の日記

 寒いのでこの冬初めてセーターを着るらしい。

西田利の日記

 八戸探検に出発。
西田利の日記

 さっそく蕎麦屋を見つけて近づいた。

西田利の日記

 その隣はなか卯。ところが考えてみたら今日の昼は賢治そば。昨日の昼はスパゲティ、夜は激辛ラーメンだった。今夜は麺以外の晩飯にするか。

西田利の日記

西田利の日記

 事前調査にひっかからなかったブーケットアイランド。中国人とタイ人のママがいます。

西田利の日記

 調査では見つけていた牡丹という店が無い。

西田利の日記

 飲み屋街を通りすぎたところで揚子江に入ってみる。

西田利の日記

 ひとりで中国料理屋に入るとつい注文してしまうかた焼きそば。たまには麺類もいいだろう。

西田利の日記

 おもいっきり塩分が少なくだしで食う感じ。これはこれでうまい。

西田利の日記

西田利の日記

 笑顔。日曜もやってると調査済み。田舎によくあるようにバーみたいに定連を並べてやっている。ネットで見た写真の通りのママさんとおもしろおかしく過ごし、約2時間で9千円也。

西田利の日記

西田利の日記

 日曜の為閉まってる。

西田利の日記

 事前にネットで知っていた縁。ドアを開けると客がいっぱいで、また来ますよと店を出た。

西田利の日記

 同じビルの中国。ドアを開けると女が二人、清掃をしている。客が入ってびっくりしている模様だ。なぜ同じビルで流行り方がこうも違うのかは歴史の影響かな。面白可笑しく2時間近く遊んで1万円也。


西田利の日記

 スマイルホテルに帰る。

西田利の日記

 途中で夜食を買う。

西田利の日記

 スマイルホテルの前に帰り着くとすごい数のカラスが飛び回っている。八戸のカラスは夜更かしらしいよ。

西田利の日記

 カップラーメンとPETコーヒー。重い夜食。